その人とオナラで笑い合える間柄になれますか?

おせっかいな割に気分よく過ごせる愛のトリセツ第111日目

 

今日のメッセージは恋活・婚活中のあなたに向けてのメッセージです。

 

その人とオナラで笑い合える間柄になれますか?

 

出物腫物ところ選ばず

出物腫れ物所嫌わず

って言うじゃないですか。

 

結婚って生活なので、日々そういうことが起きるんですよ。

 

オナラに限らず、体調が悪いときも、ご機嫌が悪いときもあります。

けして体調や気分が良いときばかりではないはずだし、いつもいつも気取ってはいられません。

 

そんな時、恋愛時代から相手の「プゥ♪」を笑い合えるかどうか。

そういう間柄になる秘訣について書きました。

 

それでは、今日の愛のトリセツ始まりです。

 

 

カッコつけたい、カッコよくいたい

 

これは忘れないでいてほしいことでもあります。

シュッとした旦那さんが、何年経っても憧れのアノ人のままであったなら、そうして素敵に歳を重ねていけたら、なんて理想的なんでしょう。

ただ、現実はそうとも限りません。

 

家庭が寛ぎの場である以上、家では「素」の自分になるところです。

ここをなくして、人間はエネルギーをチャージできないと感じます。

 

でも、一歩外へ出れば、やっぱりシュッとした旦那さん。

カッコいい~って思っていたいじゃないですか。

 

んーと、「シュッと」というのは、何も外見のことばかりじゃありません。

結婚する前にあなたがときめいたポイントのことですからね、「シュッとしたところ」というのは。

 

憎めない笑顔や、ホッとする声、守るようなまなざしや、なんだか安心感が広がる肩のあたり。

 

ひとりひとりの「シュッと」ポイントは異なるけれど、ありますよね?

愛する人のそういう部分。

 

そこで、タイトルの「その人とオナラで笑い合える間柄になれますか?」に戻るのですが、「オナラ」もその人の一部分です。

一部分から出るものです(笑)。

 

 

カッコ悪い自分、情けない自分

 

カッコいい自分がオモテ向きならば、ウラ向きの自分というもののあるはずですよね。

オモテがカッコいいのだとしたら、ウラはどんなふうにひっくり返るのでしょうね。

 

人はオトナになると、「本音」と「建前」を使い分け始めますが、あなたがそれを使い始めたのはいつ頃でしょう。想い出してみてください。

その頃から、オモテ向きの自分と、オモテに出せない自分(つまりウラ向きの自分)という面が増えます。

 

赤ちゃんは、オモテもウラもありませんよね。

オトナは誰しも成長過程で、ウラを覚えてしまったわけです。

 

そこをスッと受け入れられている人はまぁ苦しむことはないのですが、自分のウラをないことにしたがっている人にとっては、ありのままの自分をそのまま受け入れることが出来ず、ありのままを出している人のことも「なんかモヤモヤ」「なんかカチン」という想いを抱いてしまうことがあります。

 

情けない自分を出さないようにしているんだから、情けない自分を出さないでよ。

という想いなのかもしれません。

 

ダイエットしている時に、甘いものをバックバク食べてる人が目の前にいたら「イラッ」とするように。

仕事をしゃかりきに頑張っているのに、目の前でダラダラやってる人がいたら「ムッ」とするように。

 

自分がダイエットしていなかったら、一緒に甘いものをバックバク食べているかもしれません。大笑いしながら。

自分が仕事を自分の出来るペースでやっていたら、その人のペースなのかも、と受け容れられることなのかもしれません。

 

 

オナラは身体のサイン

 

胃腸の症状についてお話しするわけではないのですが、オナラというのは身体からのただのサインです。

食べたものの消化具合によって(この辺り詳しくありません。想像で書いてますのであしからず)、お腹にガスが溜まっていき、それが放出されるだけです。

 

それのどこがいけないことなのでしょうか!!

 

と声を大にして言いたいのは、ウチの旦那さんは私がオナラすると「もー」というからです(笑)。

ただ、言わせてもらえば、音のするオナラってさほど臭くないんですよね。

 

でね、そういえば私、旦那さんのオナラをあんまり聴いたことがないんです。

なので聞きましたよ。

「いつしてるの?」と。

 

そうしたら「そういうのはトイレでするもの」とかなんとかキレイなことを言っていましたが、実際はどうやら「音がしないタイプ」らしいんですよ。もー、その方がなんだか悪質だと思いませんか(笑)?

 

音ですぐわかるのと、においでじわじわわかるのと、どっちがいいとか悪いとかじゃないですけどね。でもね、ついにこの間、旦那さんの音付きのヤツを聴いたんですよ。

 

私、すかさず言いましたから。「スッキリしたでしょ」と(笑)。

そんなふうに、笑い合えるためには、素の自分を受け容れて、素の自分を出せること。

 

これを恋愛期間から構築していったら、楽しい家庭になること間違いなし!です。

 

くさい話はこの辺にしますが、ウチ、そうしょっちゅうオナラばかりしている夫婦ではありませんので、念のため。

 

 

それでは改めて本日のメッセージ

 

その人とオナラで笑い合える間柄になれますか?

 

オナラでもイビキでも、その人の体質的なものってたくさんありますよね。

お互いを知り、お互いをわかるということ、その前に「自分を知り、自分を受け容れる」こと。

それが、恋活婚活の先に広がる「結婚生活」の実態です。

どうぞ心ゆくまでオナラし合える相手を見つけてくださいね(ちょっと違うか(笑))。

 


 

一歩進みたいあなたへ

 

3つの方法で最初のご相談をお受けいたしております。

 

のりぴ塾LINE公式アカウント

 

5つのプレゼントもお届け中!
30分オンライン相談(無料)
月1回開催オンラインお茶会のりカフェ参加(無料)
重たい女度チェックと処方箋(無料/PDFプレゼント)
今日の占いメッセージ+ラッキーアイテム(無料)
お名前と生まれ月日でわかるあなた占い(無料)

 

スマートフォン・タブレットの方は、こちらのボタンからあなたのお友だちの仲間入りさせてください。

友だち追加

*LINEアプリ→ホーム→右上の友だち追加→検索→ID→@cocomamaを入力して検索からもご登録できます(@を含めて検索してください)

 

LINE限定30分無料相談

初回カウンセリング

心の本音を聴くカードセラピー

 

Thanks for your likes & sharing♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です