【体験者さまの声】結婚の悩み:『父・母』である前に『夫・妻』でありたい

心の本音を聴くカードセラピーお客さまの声

 

『父・母』である前に『夫・妻』でありたい

 

50代女性のクライアントさまより、許可をいただいて掲載しております

 

結婚26年、夫婦の関係に寂しさを感じる

 

26年の結婚生活。いつの頃からか「お父さん・お母さん」としての間柄が色濃くなり、気がつくと寂しさや哀しみを感じるようになっていました…

 

子どもの『父・母』としてだけでなく、お互いを愛する相手として「思いやりにあふれた温かい会話のできる、心の通った夫婦関係を取り戻したい」とお悩みのクライアントさんからセッション後にいただいたご感想です。

 

昨日は セラピーカードのセッションをありがとうございました。

 

チャックスペザーノ博士の「傷つくならそれは愛ではない」などの本は読んだことがありましたが、カードがあるのは知らずにおりました。

 

夫婦の関係についてみていただいたのですが、原因が 『 執着 』なのには 意外な思いで、ちょっと驚きました。

 

でも、ふたみさんの読み解きを聞いて納得できました。今の状況は真実ではないようですし、もっともっと豊かさを受け取っていいみたいです。

 

やはり深く勉強された心理カウンセラーさんの言葉は 違うな。と、わかります。一言一言が重みがあり、頷けるものでした。

 

自分のわからなかった面をまた一つ見ることができました。

 

セラピーカードというものは初めてでしたが、とても興味深いものでした。引くのは偶然なのですが、ちゃんと状況を表すものなのですね。占いのとは違うのに、タロットカードなどとも通じるものがあるのもわかりました。

 

時間が経つと わかること、変わることがあるとのことですので、変化を楽しみにしています。ありがとうございました。

(50代・女性)

 

【心の本音を聴くカードセラピー】でクライアントさんに選んでいただくカードは、すべてその瞬間に必然のものが選ばれていきます。感情にもカードにも「良い・悪い」はありません。そのタイミングでクライアントさんが感じたことがすべてとなります。

 

結婚生活の悩みで「どうして相手はこういう態度なのだろう?」という問題がありますが、実はこれが相手の問題のようにみえて、自分自身の中に問題の種があることも多いのです。

 

このクライアントさんのように、心の底から湧き上がる気持ちを認めた瞬間から気づいていけます。

 

「私はこう感じていたんだ」

「本当はこうしたいと思っていたんだ」

 

ありのままの自分の心の声が聴こえてくるかのようです。

 

人は自分に出来ないことはイメージできません。選ぶカードから湧いてくる「こうしていきたい」という想いがあるとしたら、それは本来クライアントさんが出来得ることなのです。

 

たかがカード、されどカードです。

 

自分自身の気持ちに触れることをきっかけに、縮こまっていた愛のチカラは伸びやかさを取り戻し、望む未来に近づいていく準備を始めます。自分にとって心地よい選択をしながら、日々を過ごしていけるようになります。カードといって侮れない、ずっしりとしたメッセージが心に響くセラピーセッション。

 

「あなたの本当の想い」に触れて、「解決策」と「乗り越えた先にあるもの」が見えてくる心の本音を聴くカードセラピーの詳細はコチラから。

 

心の本音を聴くカードセラピー

Thanks for your likes & sharing♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です