夫が留守だと部屋の空気が軽いんです

おせっかいな割に気分よく過ごせる愛のトリセツ第119日目

 

今日は木曜日。離婚しているあなた、または離婚を考えているあなたに向けてのメッセージです。

 

夫が留守だと部屋の空気が軽いんです

 

  • 平日の昼間は妻のパラダイス
  • 週末に夫が出かけるなら、これまた妻のパラダイス
  • いないとラク
  • いないと空気が軽い

 

夫はなぜに、妻に、子どもに疎まれるのでしょう?

妻はなぜ、夫が留守だと部屋の空気が軽いと感じるんでしょう?

 

わかりますよ、その感覚(笑)。

懐かしいです、その気持ち。

 

夫が留守だと部屋の空気が軽い。

ヤバイんでしょうか?うち…。

 

うん、まぁそれだけではすぐに離婚にはならないから大丈夫。

ですが、いると「重い」わけですよね、空気が。

 

  • なんとか修復して一緒にいても空気が軽くなりたい人
  • もうひとりになってこの空気の軽やかさを満喫したい人

 

いろいろだと思いますが、それでは本日の愛のトリセツです。

 

 

夫がいると空気が重い理由

 

旦那さんが家にいると、空気が重いという理由の一番は、自由がないということなのかもしれません。

自由とは、本来誰がそばにいようと、どんな場にいようと、自分で持てる感覚なのですが、旦那さんがいることでこの自由を奪われた気持ちになってしまうわけですよね。

 

  • 自分を出せない
  • 自分を否定される
  • 気を遣う
  • 何かお願いされる
  • 威張っている
  • デンと居座って動かない
  • 邪魔

 

それらが気になってしまうから、空気が重いんです。

気にならなかったら、重くならないですから。

 

自由がなくて空気が重いわけだから、どうしたって居心地も悪くなります。

 

  • 自分を出せない → 自分を抑える
  • 自分を否定される → 悲しくなる
  • 気を遣う → 疲れる
  • 何かお願いされる → 自分でやればいいのにと思うけど言えないから疲れる
  • 威張っている → 疲れる
  • デンと居座って動かない → やりたいことができずストレスが溜まる
  • 邪魔 → スペースがなくてイライラする

 

なんかこう見ていると、妻が「我慢する」ために夫がいるみたいですよね。

我慢の元になっちゃってる。

 

  • 別に夫がいたって自分を出せばいいし
  • 否定されって自分が何とも思ってなければ華麗にスルーだし
  • 気は遣わなければいいだけだし
  • お願いされても手が放せなければ「自分でおやり」と言えばいいだけだし
  • 威張っていたら「威張ってんじゃねーし」と言えばいいし
  • デンと居座って動かなければ、掃除機でつつけばいいし
  • 邪魔な場合は「邪魔」と言えばいいわけだし

 

何をそんなに我慢してんの?って思っちゃうけど、言えないわけですよね、実際のところ。

いないと軽くなるっていうのは、それだけ普段「我慢」してるってことなんですよね。

 

そこんところをまず気づこうね、っということです。

 

 

夫婦と言えども、ひとりひとり

 

もちろん、いがみ合うためにわざわざ夫婦になる人はいないでしょうから、元々は愛し合っているのだと思います。

というか、その前提に書きます。

 

そのうえでなんですけど、勘違いしちゃいけないのは、その快適さや心地よさ、感じるものは夫婦別々ということです。

相手が快適だから、自分も快適とは限らないということです。

 

相手がGoだからといって、自分までGoしなくてもいいっていうことです。

 

私はヤダ

私はノー

私はそうは思わない

私はそう感じない

 

言えてますか?

反論できてますか?

 

もっと勘違いしちゃいけないのは、反論したからってそれは相手そのものを否定しているってことではない、ということ。

 

断ったら可哀想。

ノーと言ったら失礼。

私の意見なんて言って通るのかな。

 

ビクビクしてんじゃねーよ!って言いたいです。

それっらいの愛しい妻の想いを受けとめられない旦那さんなら、男じゃないですよ。

 

夫婦なんていうものは、どうお互いを尊重していけるか、そのためにお互いの想っていることをいかに伝え合えるかどうかがカギなんですよ。

 

 

確かに軽いです、離婚後の空気

 

重い空気に耐えられず、

軽い空気の心地よさがあまりに素敵で、

結果として離婚を選んだとしても、それはそれ。

良い選択をしたと、自分自身の勇気に拍手してあげてください。

 

だってさ、空気が重いどころか、空気が薄い、呼吸困難になるほどであるなら、結婚生活自体そのままではあなたの心が死んでしまいます。

 

あなたが死んでしまう、それだけは避けたい。

あなたには生きていて、本当の幸せというものをもっと感じてほしい。

 

私も想い出しましたよ。

確かに離婚後の家の空気は軽かった。

離婚後というか、別居生活を半年ほどしていたのですが、別居の段階で空気の軽さは相当感じていました。

 

でもね、離婚をするとそれ相応の責任もやってきます。

特に、私のように子どもを連れた離婚の場合はね。

 

ただ、それをもってしてもあの空気の重さに比べたら。

そこまで想えるくらいじゃないと、離婚は簡単にしてはいけません。

 

と、経験者は思うのです。

 

 

では改めて、今日のメッセージ

 

夫が留守だと部屋の空気が軽いんです

 

策としては、まず、もっと自分を出しましょう、ということ。

そして、どうしても居ない方が軽いよな、という場合は、あなたの心が死んでしまう前に、本当に快適な空気の暮らしに持ってってください(つまり離婚(笑))。

ただ、離婚には相応の責任も伴いますよ、というお話でした。

 


一歩進みたいあなたへ

 

3つの方法で最初のご相談をお受けいたしております。

 

のりぴ塾LINE公式アカウント

5つのプレゼントもお届け中!
30分オンライン相談(無料)
月1回開催オンラインお茶会のりカフェ参加(無料)
重たい女度チェックと処方箋(無料/PDFプレゼント)
今日の占いメッセージ+ラッキーアイテム(無料)
お名前と生まれ月日でわかるあなた占い(無料)

 

スマートフォン・タブレットの方は、こちらのボタンからあなたのお友だちの仲間入りさせてください。

友だち追加

*LINEアプリ→ホーム→右上の友だち追加→検索→ID→@cocomamaを入力して検索からもご登録できます(@を含めて検索してください)

 

LINE限定プレゼントのご案内

初回カウンセリング

心の本音を聴くカードセラピー

 

Thanks for your likes & sharing♡