婚活:結婚したいの?ただ人恋しいの?

正しい恋愛の悩み方:愛のトリセツ第216日目

 

今日のメッセージは恋活・婚活中のあなたに向けてのメッセージです。

 

婚活:結婚したいの?ただ人恋しいの?

「結婚したい!」

そう強く想っている人ほど、一度自分自身にたずねてみてほしいんです。

 

  • 本当に結婚したい?
  • 自分ひとりの時間が減ってもいい?
  • 自分以外の人の都合も考えて行動しなきゃならないこともあるけど大丈夫?
  • 自由気ままな休日の朝、ってわけにいかないかもよ?
  • ホントにそれでもいい?

 

あ、あぁ…

ん-、結婚したいわけじゃ…ない…かも…しれない…

 

そんなあなたへ伝えたいこと。

本日の愛のトリセツ、始まります。

「結婚したい」にすり替わっちゃった?

何か強迫観念めいた周囲の圧力。

これはけして周りがあなたを責めているわけではなくて、もしかすると最高にお節介なやさしさだったりもするんだけど、当事者的にはまったくもって「いらんヒトコト」であり、「ほっといてよね」というものであることが多いんです。

 

私は今、自分のやりたいことが出来ているし、シゴトも楽しくて、なんら不満なところがない。

 

なのに周りから「結婚しないの?」「子ども早く産んだ方がいいよ」などと言われたりすると、それまで頭にたまにしか浮かんでこなかった「結婚」という2文字が踊り出します。

 

8ビートを刻みながら迫りくる「結婚」という言葉。

 

気分がノリノリになるならまだしも、全然踊りたくないそのビートに、あなたの心は重低音で滅入っていきます。

 

誰のための結婚?

 

それを一番優先しなければならないのは自分自身であるにも関わらず、誰かのための結婚をイメージしてしまう。

 

それもまた、あなたが周囲に振りまく「要らんやさしさ」だったりします。

なぜ「結婚」という2文字が引っ掛かるのか?

  • 今「結婚」したいわけではない。
  • でもなんか引っかかっちゃう。
  • うーん、結婚したいのかな?私。

 

こんなふうに自分が自分を疑うような気持ちになるのはあなただけではありません。

 

なんとなく「結婚」というものに憧れを感じているところがあったって、そりゃ不思議じゃありません。長くて短い人生を、いっとき心を許し合えるパートナーと過ごすのが「結婚」です。だから、恋に恋する女子中高生のように、結婚に憧れるオトナ女子がいたっていいんです。

 

ただ、「結婚」って今はまだ自分にはピンとこない。

ピンとこないものを勧められるから余計に「うーん」となってしまう。

 

気が乗らないのに勧められれば、そりゃそうなってしまいますよ。

 

本当は結婚したいわけじゃない。

結婚じゃなくたっていいんです。

週末婚だっていいんです。

というか、必ずしも入籍しなくたっていいんです。

 

そういうふうに話してみると、「うん、それならしっくりくるかも」と仰るのりぴ塾生は意外といらっしゃる。

 

そして「なんで結婚に拘っていたんだろう?」と、目が覚める想いになったりするんです。

 

  • 結婚がしたいわけじゃない。
  • ただ恋愛がしたいのかもしれない。
  • 何か一緒に食べたりして「おいしいね」って言い合えるような人がいたらいい。
  • 自分が楽しいって感じることを、一緒に楽しめる時間があったらいい。
  • 自分は自分で好きなことをしていて、パートナーはパートナーで好きなことをしている。それでもなんだかほっこりするのがいい。
  • 四六時中べったりしたいわけじゃない。私には私のだけの時間を私のために大事に使いたい。

 

全然ありです、そういうの。

むしろ、お互いに自立していて、適度に寄り添っていて、理想的なパートナーシップが築けそうじゃないですか。

 

だからホントに結婚がすべてではないんですよ。

その先のまたその先

どんな形であれ、自分にとって自分以外に大切な人が出来るというのは、励みがひとつふたつと増えていくことにも繋がります。

結婚が必ずしも必要ではないように、恋愛もまた必ずしも必要なものではありません。

そもそも「好き」とか「愛してる」という気持ちなんて、なろうとしてなれるものではない。

だからもし、「この人好きだなぁ」とか「この人のこと愛してるのかもしれない」と感じることがあるとしたら、それはめちゃくちゃあなたにとってマレなことだし、ものすごく貴重な想い・感情・感覚・存在なのだと思います。

 

それを大事に育んでいくだけで、自分自身も成長していくし、新しい発見もあるし、お互いをやさしくいたわり合って、それぞれが大事にしていることに没入できる。最高ですよね。

 

恋愛ってそういうものだと思うんですよ。

片方だけが我慢し過ぎたり、片方だけが傷ついたり、片方だけが苦労したりするものではないです。

 

お互いが対等な立場で、お互いを慈しみ合うのですもの。

 

想いは尊いものだけど、それ以上に大切なのが自分自身を優先してあげているかどうかです。

片方だけがイヤな気持ちを抱き続ける恋愛や結婚は、本当に愛情に満ちたものとは言えませんからね。

どうか自分を優先して大切に扱ってあげてくださいね。

それでは改めて本日のメッセージ

婚活:結婚したいの?ただ人恋しいの?

結婚は「自分がそうしたい」と思うもの。

周囲に煽られて不本意な結婚をしないように。

そして、婚活していて気持ちが落ちる人は、本当は結婚がしたいのではないかもしれません。

こちらで一緒にその気持ちをほぐしていきませんか。

 

正しい恋愛の悩み方:のりぴの隠れ家オンラインサロン

恋愛・婚活・結婚生活・子連れ再婚・子育てなどに頓挫したアラサーからの女子の小部屋です

メンバー募集はLINEから行っています

▼詳細はコチラ

正しい恋愛の悩み方:のりぴの隠れ家オンラインサロン


一歩進みたいあなたへ

 

のりぴ塾LINE公式アカウント

のりぴ塾LINE公式アカウント5つの特典
オンラインサロン「正しい恋愛の悩み方:のりぴの隠れ家」の受付

LINE限定各種セッション割引
重たい女度チェックと処方箋(無料/PDFプレゼント)
今日の占いメッセージ+ラッキーアイテム(無料)
お名前と生まれ月日でわかるあなた占い(無料)

 

スマートフォン・タブレットの方は、こちらのボタンからあなたのお友だちの仲間入りさせてください。

友だち追加

*LINEアプリ→ホーム→右上の友だち追加→検索→ID→@cocomamaを入力して検索からもご登録できます(@を含めて検索してください)

のりぴ塾LINE公式アカウント

初回カウンセリングは毎月月初から3日間受付しています。LINEからのお申込みがおすすめです。

初回カウンセリング

心の本音を聴くカードセラピー

 

 
 
 
Thanks for your likes & sharing♡