再婚:ぶつかり合わない再婚はウソ

おせっかいな割に気分よく過ごせる愛のトリセツ第19日目

 

今日は木曜日。離婚・再婚しているあなた、または離婚・再婚を考えているあなたに向けてのメッセージです。

 

再婚:ぶつかり合わない再婚はウソ

 

再婚する人の多くは、「もう失敗したくない」「今度こそ幸せになる」と思って再婚に踏み切っているようです。

 

そして、多少のいさかいが起きても「あの離婚する時の面倒臭さを、また味わうのはイヤだ」「周りに呆れられるのはイヤだ」などと、最大限にこじれることを回避して、自分の意見を飲み込んでしまう人もまた多いようです。

 

言えなかった気持ちは、癒えないまま心に残ります。

くすぶった想いは、日常の床に立ち込めています。

 

「一度失敗しているんだから、今度こそちゃんとしなきゃ」

「私さえ我慢すれば、うまく回っていくんだから」

 

そう思って、言いたいことを飲み込んで、湧いてきた感情をなかったことにしていませんか?

 

もしそうなら、あなたはまた離婚してしまうかもしれません。

ぶつかり合わない再婚は、はっきり言って最初の結婚以上に自分を騙していることになります。

 

 

本音を隠して幸せになる?

 

あなたの本当の気持ちは、あなたにしかわかりません。

旦那さんの気持ちは、旦那さんにしかわかりません。

 

それが、あなたの本当の気持ちを、まずあなたがわかっていない場合は、上記の地点にすら立てていません。

 

ある日の旦那さんとの場面で

 

  • 今の言葉は確かに傷ついた
  • 私が悪いからかな
  • ここで言い返したらケンカになるかも
  • 小さなことで揉めたくない
  • 私が耐えれば済むこと
  • 我慢しなきゃ
  • この幸せは手放したらダメなんだから

 

そう思ってあなたが飲み込んだ言葉たちは、あなたの描く想像の世界に住む旦那さんとのやり取りで物語は進みます。旦那さんが言うべきセリフも自分の脳内で決めてしまっています。

 

本当に言い返したらケンカになるのか?そんなのわかりません。あなたが「言い返す」というスタンスでモノを話したら、確かに受け取り側は構えるはずです。

 

ひとまず、あなたがあなたの意見を、あなたの気持ちをあらわさなかったことで、その日は何ごともなかったかのように過ぎていきました。あなたのココロに小さなさざ波を立てただけで。

 

でも、私、本当はどう思ってるんだろう?

どうしたかったんだろう?

 

 

触れ合わないものに、熱は生まれない

 

ぶつかり合わないということは、接触していないということ。

接触していないということは、温度を感じていないということ。

スキンシップにしても、心のふれあいにしても、外側を装ったままでは手触りも悪いし、本当のやわらかさを感じることはできません。

 

生きている人間の肌と肌が触れ合うと温かいように、心と心も裸で触れ合うことで熱が生まれます。熱はエネルギー。良いも悪いもなく、ただふたりの愛のエネルギー交感になります。

 

片方が殻をまとっていれば、相手は冷たく感じます。

片方が攻撃的な鎧を身につけていれば、相手は痛みを感じます。

 

本音を出さない状態というのは、相手にどういうふうに映るのでしょう。

 

  • 信頼されていないのかな
  • 愛されていないのかな
  • 認められていないのかな
  • いなくてもいいものなのかな

 

疑問がやがて疑惑になり、温度はどんどん冷えていく。

そんなふうになれば、「相手に近づくことは冷たいもの」という想いから、ますます心を寄せることができません。

 

 

もう壊したくない想いがあなたを縛りつける

 

確かに、離婚を経験することであなたは傷つきました。

けれど、禊が済んで、自分を取り戻して再婚に至るわけです。

 

再婚という新しい幸せの形を、新しい結婚でつくっていく。

 

もし、「もう壊したくない」という想いがあなたにあるとしたら、それは「壊れるもの」という前提があるということです。

 

確かに最初の結婚は終わりました。

でもそれは、壊れたのではなくて終わっただけです。

 

じゃあ、再婚だって終わるかもしれないじゃないですか。

私は終わらせたくないんです。

 

って思うかもしれませんが、再婚だって終わります。

 

あなたが命を終えるとき、その再婚は終わります。

または、旦那さんの命が終わるとき、その再婚は終わります。

 

逆を言えば、命尽きるまで再婚は終わりません。

命尽きるまで、再婚は終わらないという前提です。

 

壊れないものは壊れません。

壊すという前提がないものは壊れようがない。

 

再婚は確かに終わる。

でも自ら終わらせない限り、続きます。

あなたの命、旦那さんの命がある限り。

 

 

ぶつかり合わないメリットとデメリット

 

再婚して不幸になる前提だと、幸せになることが怖くなります。

そんな怖がりさんに、ぶつかり合わないメリットとデメリットをお伝えします。

 

ぶつかり合わないメリット

  • 何ごとも穏便に済ませられる
  • 傍から「仲が良いご夫婦ね」と言われる
  • お互いに「相手は自分に満足している」と思うことができる
  • 話が決まるのが早い

ぶつかり合わないデメリット

  • いつも心の中で相手の文句を言っている
  • いつも相手任せ、もしくは任されっぱなし
  • 旦那に言えないことをよその人に愚痴っている
  • 本音が言えないのでいつも不満
  • 気がつかない相手をディスっている
  • イライラがとまらない

 

いかがでしょうか。メリットよりデメリットの方が多い感じがしませんか。

ぶつかり合いを避けて、イライラが増していたのでは自分の心にはとっても不健康なことです。

 

 

ぶつかり合うメリットとデメリット

 

対するぶつかり合う場合についても記しておきます。ぶつかり合いってケンカとは違います。お互いの考えていることのプレゼンテーションのようなものです。いかにして自分の想いを伝えるか、それがケンカになるのは単に想いがそのまま伝わっていないだけ。

 

伝わらない場合は、言い方を変えるか、その相手が受け取りやすいかたちにして渡す必要があります。

手作りのパンを手渡しするのは簡単ですが、形になる前の粉やバターをバラバラに渡しても、相手は戸惑うだけです。

 

ぶつかり合うメリット

  • 相手が想っていることがちゃんとわかる
  • 自分の言いたいことがしっかり伝えられる
  • 喧嘩するほど仲が良い夫婦になる
  • 世間の目より自分たちの愛情が重要と感じている
  • 同じ過ちを繰り返さない
  • 相手のことを受け容れられる
  • 自分のことを受けとめてもらえてると実感できる
  • 言葉を惜しまない
  • スキンシップが増える
  • お互いがスッキリする

ぶつかり合うデメリット

  • 着地点まではエネルギーを使う
  • 時間を要する

 

いかがでしょうか。思っているよりずっとデメリットは少ないものです。確かに話合いをするわけですから、エネルギーも時間も使います。それでも、その後には必ずお互いの理解が深まって穏やかな時間が訪れますから、心のぶつかり合いは恐れるものではないのです。

 

 

お互いが遠慮し過ぎて気を遣い過ぎる前に、お互いがどう伝えたら相手に想いが伝わるのか、心を使いましょう。

 

では改めて、今日のメッセージ

 

再婚:ぶつかり合わない再婚はウソ

 

本当に分かり合うために必要なことは、揉めても壊れない愛が私たちにはあるんだと心から信じること。

そのためにもまず、あなたがあなた自身を信じていくことです。

 

自分を信じることができない人は、他の人のことも信じることができませんから。

再婚したのにどうも本音で暮らしていないような気がするあなたのための時間がここにあります。

 


 

一歩進みたいあなたへ

初回カウンセリング

お悩みをじっくりお伺いして、悩みの源の特定と解決へ向けての方向性がわかります。メンタル美人塾や単発セッションはこちらをお受けいただいた方のみご案内しています。

メンタル美人塾*初回カウンセリング

心の本音を聴くカードセラピー

あなたの本音がまるわかり。あなたの本音が溢れ出します。悩みの原因・解決策・得られる未来がわかるカードを使用した心理セラピーセッションです。

 

心の本音を聴くカードセラピー

 

 
Thanks for your likes & sharing♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です