子育て:楽しみを自分で見つけられる子は幸せな子ども時代を過ごしてる

おせっかいな割に気分よく過ごせる愛のトリセツ第3日目

 

今日は水曜日。子育てしているあなたに向けてのメッセージ。

 

楽しみを自分で見つけられる子は幸せな子ども時代を過ごしてる

 

子どもの年代にもよるけれど、子どもの興味って親の想像を絶します。

 

なんたってまっさら!

 

危険も痛いもわかりません。

 

  • お砂場の砂を上投げたら、自分に降りかかって目に入ってめっちゃ痛いよ(1歳前後)
  • またいで乗るガラガラ車(正式名称失念)、そんなに速くガラガラ飛ばしたら、前につんのめるよ(1歳代)
  • すべり台のすべるところに水かけて砂をまいたら、滑ってくる人のお洋服汚れちゃうよ(2歳代)
  • その坂道、駆け下りたら平らなところでこけるより遥かに痛いよ(3歳代)

これね、うちの子全部やってた(からこそ臨場感を持ってお伝えできる)。

 

放っておくも何も、気づいたらやってた。

痛いのに、迷惑なのに、そんなのカンケーねぇ、はいオッパッピー野郎でした。

 

すべり台事件に関しては、私がちょっと目を離したスキだったので、よそのお父さんにめっちゃ叱られてた(笑)。ありがとう、よそのお父さん。

 

よその子叱るってね、とっても気を遣うものなの。

 

でも、真剣に叱ってくれると、子どもにはしっかり伝わるし、ちゃんと残る。

 

あれ以来、やらなくなったもんなぁ、すべり台に水と砂。

 

 

おせっかいな割に気分よく過ごせるのりぴのメッセージは、自信がない女性のオトナの進路Facebookページでお届け中。この記事はおせっかいな割に気分よく過ごせるのりぴのメッセージの解説書です。

 

Facebookページに「いいね!」してくださったフォロワーさん宛、曜日ごとにメッセージをお届けしているのですが、こちら、曜日によってお届け内容が変わります。

 

ページにいいね!をしてくださるとあなたにも届きますよ

 

 

どういう発想なの?うちの子

 

っていうことををやるのが子どもです。本人はなんにも考えていません。

 

  • お砂場の砂を上投げたら、きっと「楽しいんだろうな」だし
  • またいで乗るガラガラ車をすっ飛ばすのも、風を切って、ガラゴロ鳴らして「楽しいんだろうな」だし
  • すべり台のすべるところに水かけて砂をまいたら、ぐっちゃぐちゃになって「楽しんだろうな」だし
  • その坂道、駆け下りるのは、その先にあるものに早く会いたくて「楽しみなんだろうな」だし

 

「こうしたらこうなる」がわからないんじゃなくて

こうしたらこうなるっていうのは、学習ですよね。

子どもの頃って、「こうしたらこうなる」っていう経験値がないんです。

だから、雑念なく「やりたい」の後は「やっちゃう」です。

「やってみようかな」なんて思う間もなく「やっている」んです。

 

それがだんだん…

 

お母さんやお父さんに

 

  • アブナイ!
  • やめときなさい
  • それはダメ
  • これはダメ
  • こうしなさい
  • ああしなさい

 

って言われて、大抵の子どもは「じゃあやめとく」ってなります。

 

  • だって、お母さん怒ると怖いんだもん。
  • 嫌われちゃったらご飯食べさせませんって言われちゃうかも。

 

自分のやりたかったことより「こわいのはいやだ」。

ご飯食べられなかったら「死んじゃうかも」。

もう感覚的なものですよね、そういう危機感て。

 

こうして、自分のやりたかったことは飲み込んでしまうようになります。

簡単に言うこと聞かない子どももいますけど(うちの長男)、誰がなんといったって「興味が勝つ」タイプって、見ていて本当に幸せだろうなって思いますよ(笑)。

 

そして、やりたいままにやってる割に、意外と小心者だったりもします。

 

でもさ、痛いのも困るのも本人だからね。自己責任っていうのを体感的に会得するのが早いのも「思ったらやっちゃう」タイプだと感じます。

 

でね、親は子どもより先に死ぬ(だいたい)。

 

たとえ私がいなくなっても生きる術を持った子に

 

親がいなくても、バイバルな人生を生き抜いていくこと、そういうことができる子どもに育てることが親の役目

って私は思ってるんです。

 

だから、あまりにも手を出し過ぎたり、答えを先に伝え過ぎたりするのは、そのサバイバルなチャンスをどんどん奪ってしまうことになる。

 

  • あなたのためを思って
  • こんなに尽くしてるのに
  • 全然わかってくれない

 

って、妻が夫に思う気持ちと似ちゃうけど、親が子にそう思うことって結構あるんじゃないかな。私はこの言葉、母親からよく言われたから。

 

ただ

 

子どものためを思って親が尽くすのは当然だけど、それは子どもの人生を手取り足取り指示出しすることではない。

 

子どものためを思って親ができるのは2つくらい

 

  • ご飯を食べさせること
  • 睡眠がちゃんとできる場を整えること

 

人に迷惑をかけない子どもに、とか

お友だちと仲良くできるような子どもに、とか

くそくらえとか思っちゃうんだ。

 

子どもは人に迷惑かけながら成長していく。

その迷惑を一番被るのは親だけど、それが親の幸せなんじゃない?

 

子どもた元気に生きてる証拠だもの。

子どもがいなかったら、迷惑なんてのもない。

 

そもそも子どもが親に迷惑かけるのはなぜか?

 

子どもにとって、親であるあなたのことが必要だから、ですよ。

 

成長して親の手を離れるにつれ、子どもは親に迷惑なんてかけなくなっていく。

 

なんでも自分でできるようになるからね。

 

子どもが迷惑をかけてくれているうちは、まだあなたが必要だということ。たっぷり受けとめてあげてほしい。

 

お友だちと仲良くできるような子どもに関しては、言わずもがな。

 

あなたはオトナになった今、誰とでも仲良くできてますか?ってこと。いるでしょ?合う人合わない人。

 

無理は禁物ですよ。無理っていうのは自分の気持ちに無理をさせるという意味でね。

 

今日の解説はちょっと荒っぽかったかな。丸大な気持ちで書きました。

 

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい

 

っていう意味です(丸大ハムの古き良きCM)。

 

それは親も子もです。たくましく、そして楽しく。大事。

 

改めて、今日のメッセージ

 

楽しみを自分で見つけられる子は幸せな子ども時代を過ごしてる

 

究極な話、親が楽しく過ごしていると、自然と子どもも楽しみを自分で見つけられる子どもになる。ホント。

 


 

一歩進みたいあなたへ

初回カウンセリング

お悩みをじっくりお伺いして、悩みの源の特定と解決へ向けての方向性がわかります。メンタル美人塾や単発セッションはこちらをお受けいただいた方のみご案内しています。

メンタル美人塾*初回カウンセリング

心の本音を聴くカードセラピー

あなたの本音がまるわかり。あなたの本音が溢れ出します。悩みの原因・解決策・得られる未来がわかるカードを使用した心理セラピーセッションです。

 

心の本音を聴くカードセラピー

 

Thanks for your likes & sharing♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です