子育て:協力はしてほしい、でも口を挟まないで

正しい恋愛の悩み方:愛のトリセツ第213目

 

今日は水曜日。子育てしているあなたに向けてのメッセージです。

 

子育て:協力はしてほしい、でも口を挟まないで

てんてこ舞いの子育て期。

猫の手も借りたいほど大忙しで、なかなか気づけない鈍感夫のお尻をなんとか叩いて育児に協力してもらう新米ママさん。

 

  • もっと自ら動けないものなの?
  • あなたに自主性とやらはないの?
  • 率先して動くっていうことはできないの?

 

わかってくれても良さそうなのに、ちぃともわからないニブ夫。

結局あれこれ夫に指示を出し、その手間もまたストレスとなるんですが、何よりストレスになるのが夫の「反論・言い分・否定」じゃないでしょうか。

 

今日はその対処法についてのお話。

ということで、本日の愛のトリセツの始まりです。

妻の言い分、夫の言い分

妻が忙しいのは事実です。

その忙しさに気づいていても、夫はそれに対して正直どうしていいかわからないのです。

自分にはわからないものであるからして、「はい!僕やります」と自らやることが出来ないんです。

「協力してほしい。でも口は挟まないでほしい」という場合は上記のタイプが多いのではないでしょうか。

 

その忙しさに気づかないタイプは、比較的素直に妻の言う通りにやろうとします。

気づかない分先入観がなく、すんなりと入っていきやすい。

まさにお使いを頼まれた小さな男の子のように、がんばっちゃうかもしれません。

 

忙しさに気づいているタイプの旦那さんは、自分なりにある組み立てをしている場合があります。

 

  • それってこうすればいいんじゃないの
  • なんか効率悪いな
  • それはなんのためにそうしているの

 

バタバタと動き回る妻を目で追いながら、入り込めない世界を眺めているのです。

 

ところが、ある日妻から雷が落ちます。

 

  • なんで黙ってみてるだけなの?
  • ちょっとは自分から手伝おうとか助けようとか大変そうだなとか思わないの?
  • 見てるばかりじゃなくてちょっとは気づいてよ

 

で、ここぞとばかりに「反論・言い分・否定」を返してくるわけです。

夫の反論・言い分・否定

自分もなんとか手伝いたい…でもどうしていいかわからない。

 

そんなところへ妻から鋭い指摘をされたなら、旦那さんも一気に「構え」の態勢になってしまいます。

 

「口を挟めばうるさがられそうだし、手を出したら違うと言われそうだし、でもなんかそのやり方って段取り悪くない?」

 

という、踏んではいけない妻の地雷を踏む旦那さんもいるでしょう。

 

「あなたは何も言わなくていいの。ただ私の言う通りに手伝ってくれればそれでいいの。」と言ってか言わずか、言わないまでも妻の表情を見て取ると、もう何も言わずに従った方がよさそうな雰囲気。

 

そう、子育てに関して言えば、旦那さんの役割は「子どもの面倒を見ること」というよりも、妻のバタバタを軽減させてあげようという気持ちさえあれば充分なんです。

 

旦那さんがうだうだいうことで、妻はますます気持ちがイライラしていきます。

子どものことで頭がいっぱいなところ、旦那さんからああでもないこうでもないと言われたら、「いったい私はなんなのよ」という気分になってしまうんです。

 

「大変そうだね。ちょっと休みなよ」と声かけひとつでもホッとするんですよね。

それなのに「そのやり方だからダメなんじゃない?」「俺だってやろうとしてるのにやらせないだけでしょ」などぐずぐず言うもんだから疎まれる(笑)。

 

そう、疎まれるんですよ。最愛の夫のはずが鬱陶しいんです。

黙っててほしい。妻がやっていることには口を挟まないでほしい。

 

大変そうなのがわかるなら、ただ「大変だね。俺に何か出来ることあるかな。」って言ってほしいだけなんです。

実際にやってくれなくてもいいんです

妻が喜ぶのはそういう言葉がけや思いやり、実際に体感覚でわかる愛情のアクションです。

そこに正論なんて全然必要なくて、効率がどうとか俺のやり方がどうとか関係ないんです。

 

それでなくても生まれてからずっと、試行錯誤してきた妻のやり方でやってきて、誰よりも子どもとの時間を自分のことを後回しにして費やしてきているのです。

 

一場面だけ切り取って、無責任なこと言わないでほしい。

 

そのくらいの気持ちで切羽詰まっているんです。

 

そしてそれをただわかって、労いの言葉がけをしてくれるだけでいいと、妻は想っています。

って、ここまで書いて気づきましたが、これは妻側へのメッセージではないですね。

旦那さんに読んで欲しい記事になってしまいました(笑)。

 

でもね、あなたも素直に甘えることをしましょう。

できないことがあったっていいんです。

頼っても甘えてもいいんです。

ツラいときは旦那さんの協力をしっかりと仰ぎましょうね。

 

お子さんの成長を心待ちにしているのは、あなただけではありません。

旦那さんもまた、お子さんの親ですから。

では改めて、今日のメッセージ

子育て:協力はしてほしい、でも口を挟まないで

旦那さんの言葉にカリカリしてしまうくらい、あなたは疲れているんです。

しっかり協力してもらいましょう。

旦那さんは妻に口を挟まず、ただ妻を受け容れてあげましょう。

 

正しい恋愛の悩み方:のりぴの隠れ家オンラインサロン

恋愛・婚活・結婚生活・子連れ再婚・子育てなどに頓挫したアラサーからの女子の小部屋です

メンバー募集はLINEから行っています

▼詳細はコチラ

正しい恋愛の悩み方:のりぴの隠れ家オンラインサロン


一歩進みたいあなたへ

 

のりぴ塾LINE公式アカウント

のりぴ塾LINE公式アカウント5つの特典
オンラインサロン「正しい恋愛の悩み方:のりぴの隠れ家」の受付

LINE限定各種セッション割引
重たい女度チェックと処方箋(無料/PDFプレゼント)
今日の占いメッセージ+ラッキーアイテム(無料)
お名前と生まれ月日でわかるあなた占い(無料)

 

スマートフォン・タブレットの方は、こちらのボタンからあなたのお友だちの仲間入りさせてください。

友だち追加

*LINEアプリ→ホーム→右上の友だち追加→検索→ID→@cocomamaを入力して検索からもご登録できます(@を含めて検索してください)

のりぴ塾LINE公式アカウント

初回カウンセリングは毎月月初から3日間受付しています。LINEからのお申込みがおすすめです。

初回カウンセリング

心の本音を聴くカードセラピー

 

 
 
Thanks for your likes & sharing♡